google6929f6a83d104d6d.html

ATSUTOMO HINO

夏の暫定

夏の暫定

夏の気持ち良い風が、ふたりの間を吹き抜ける。

風は、彼らを軽やかに結び、その背中を押している。


夏の暫定は、箱の風通しの良さ、すなわち、組織の恒久性と、

そこから世界へ飛び出す若者の希望と焦燥に向き合った作品である。

Using Format